部屋探しの考えが足りない

間取りはいたって普通の1Kらしいが、日当たりがちょっとだけ良くないらしい。それぐらいなら問題ないかな、どうせ日中は仕事でいないんだしね。日当たりとか部屋探しの希望条件は十分に考えたはずだけど、改めて不動産会社の営業マンから言われると、自分で考えてきたものがいかに的外れだったかと思い知らされる。やっぱり部屋探しに一人で来なくて良かったと思う。次は家賃50000円と安くなってますが、ちょっと狭いかなと感じます。

部屋探しって難しい

6畳一間の1ルームになりますが、さっきのところと比べると、キッチンが中にあるのでその分使えるスペースが小さくなります。なるほど部屋探しって難しいね。キッチンの事なんてまったくもって考えてなかった。小さな冷蔵庫がついてますが、それとは別に置くとなるとさらに小さくなりますので、荷物が少ない方にはオススメですが、荷物の多い方には向かないと思います。部屋探しを始める段階ではそれは読めないんだよな、どうしよう。

部屋探しは奥が深い

現地で実際に見ていただくのが、一番良いと思いますよ。広さは行ってみないと想像できないですからね。特に部屋探しが初めてであれば、想像するのは難しいと思います。次は53000円で二階の角です。会社までは歩いて10分ほどですが、より駅に近くなります。それは非常にいいな、遊びに行くのに便利になる。部屋探しは奥が深いな、やっぱり自分がどんな生活を送りたいかを決めてこなかったのは失敗だった。この後大丈夫かと不安になる。

Copyright (C) 2017 部屋探しのコツと新入社員 All Rights Reserved.