部屋探しは緊張する

友人と話をしていると、いつの間にか開店時間を過ぎていたので、不動産会社に向かう事にした。やっぱり最初の部屋探しは緊張するなぁ。近くに行くと自動ドアが反応して開いてしまった。いらっしゃいませ、と予想に反して女性の声だったので、それほど緊張せずに中に入れた。これが低い声だったら、ガチガチになってたかもしれない。あの部屋探しをしたいんですけど。どうぞこちらへおかけ下さい、そう促されて店の奥の方の席へ座った。

部屋探しは初めて

私○○と申します、営業マンが挨拶をしてくれたので、だんだんリラックスしてきた。部屋探しは初めてですか?えっ、あっはいそうです。ご希望の条件とかありますか?えっと、家賃は55000円までで、会社からあまり遠くないところがいいです。会社はどちらですか?○○○○に4月から勤務予定です。他に部屋探しの条件で、これは譲れないっていうようなものはありますか?特にはないんですけど、何しろ知識がないので色々見てみないと分からないです。

部屋探しの理想の形

なるほど分かりました、いくつかピックアップしてきますね。そして実際に現地で中をご覧になればイメージがつかめると思いますよ。ようやく部屋探しらしくなってきた。3分くらいで資料を持って営業マンが戻ってきた。お待たせしました、6件ほどご紹介しますね。まずはこちら、家賃55000と予算いっぱいですが、勤務地から歩いて5分ですので近くていいですよ。いきなり部屋探しで一番理想としてるものが出てきた、びっくりだ。

Copyright (C) 2017 部屋探しのコツと新入社員 All Rights Reserved.